カンボジア女性支援活動


あなたのアレンジで遠く離れたカンボジアの女性たちの笑顔が見られます。
まだまだ働く環境が整っていないカンボジア。働きたくても働けない状況が現実にあります。
「毎日の食事や、子供たちを学校に通わせるためお仕事をくださってありがとう」
そんな感謝の思いを水草一本一本に込めてこの水草のバスケットは丁寧に編まれています。

img04 (1)彼女たちは、少しでも良い物を届けようと、夜の小さな明りの下で、何度も何度も編む練習をし、キレイに仕上がるように編みこむ前の精製作業も時間をかけて丁寧に行ってくれています。

 

 

 

底の部分から編みはじめ、細かい作業を重ねながら、水草の繊維がだんだんとカゴの形をしてきました。
家事をしながら、家計のためにと、彼女たちは夜遅くまで作業が続く日もあります。

 

 

ようやくカゴの完成です!
時間をかけて仕上げてくださった手作りバスケット。
わたしたちは彼女たちの少しでも力になるようにアレンジとしてご提案させていただいております。

 

 

 

製作風景
カンボジアから日本へ
日本からカンボジアへ
ひとつのアレンジが繋がります。

 

 

 

カンボジア支援

 

お仕事があると、当たり前の食事ができる。
お仕事があると、子どもたちも学校に通えて、たくさん勉学ができる。
お仕事があると、兄弟や村のみんなのサポートすることができる。
お仕事があると・・・本当にありがたい。